書体を使い分ける

社印イメージ

印鑑や社印をつくるとき、印材と同じように悩むのが書体ですが、一体どのような印鑑や社印にどのような書体を選ぶのがいいか、簡単にまとめてみました。

まず、一番よく使う認印、会社の社印(角印)について、よく使われる書体とはどういうものがあるのか。
まず認印や角印について、よく使う場面といえば宅配便の受け取り時や、書類を確認した際に、「見ました」という印づけの時や、角印では請求書、領収書への捺印などですよね。

その用途通り、「○○しました」という証明の為に使うものですから、一般的に見やすい、名前がわかりやすい書体を選ぶのが一般的です。
その為、文字が読みやすく、印象のよい古印体や楷書体がよく使われています。

古印体の特徴は、なんといっても墨溜まりという太く滲んだ文字と、ところどころ途切れる部分です。
楷書体は、小学校の頃から漢字ドリルなどで練習してきた、お馴染みの、一画一画をはっきりと書く書体です。

どちらも漢字が読みやすく、はっきりとした印象を与えるために、認印や角印として好まれる書体です。
では、個人の銀行届出印、会社の銀行印はどのような書体が好まれるのでしょうか。
銀行印は、文字通り金融機関との取引の際に使用する印鑑です。

大切なお金を預けたり、引きだしたりする際に使用しますので、偽造の恐れのないむずかしい書体が好まれます。
よく使われているのは印相体と篆書体です。

印相体は印鑑の枠全体に広がるように書かれた書体で、篆書体をベースに創作した、オリジナル書体です。
枠全体に文字が広がっている為、淵が欠けにくいという利点があります。

篆書体は、中国が秦の時代から使われている、古代漢字のことです。
どちらも偽造がむずかしい書体であると同時に、判読がむずかしい書体であるともいえます。

最後に実印、代表印でよく使われる書体ですが、こちらもやはり偽造・濫用を防ぐために印相体、篆書体がよく好まれて使われているようです。

どちらかといえば、篆書体のほうがシンプルではっきりとした印影を出すことができるので、銀行印に篆書体、実印に印相体を使われる方というのが多いそうです。
沢山ある印鑑や社印ですから、それぞれ合った書体で用意しておきたいものですね。

〔お気にりのWEB通販サイト〕

日本最大級のはんこ総合サイト【ハンコヤドットコム】では、個人の認め印から法人印鑑、ゴム印はもちろん、最近流行の「チタン印鑑」や女性に人気の「おしゃれはんこ」まで幅広くお取り扱いしております。
お求めの「コレ!」がきっと見つかります。

ページの先頭へ