実印には耐久性に優れた印材を

会社の社印イメージ

個人の印鑑ならば、ある程度好みによって選ぶことができますが、会社の社印となると、使う人も用途も様々ですから、選ぶのに戸惑ってしまう方もおられるかもしれません。
そんな方のために、代表的な印材と、その印材の選び方のポイントを簡単にまとめてみました。

まず、一番手頃な値段で、よく使われているのが柘植の印材です。
印材以外でよく使われているのが、将棋の駒や、櫛。

そろばん玉にも利用されることがあるそうです。
硬くて丈夫な性質を利用し、長年使える道具によく使われていることがわかりますよね。

印材としても、やはり欠けやひびなどが他の木材に比べて入りにくく、朱肉がよくなじむことからよく使われています。
大量に社印、特に色々な用途で使用する角印や、個人の方の認印などを購入する必要がある場合などは、質もよく値頃も安い、お勧めの印材です。

次によく使われているのが黒水牛です。
黒水牛の角は、印鑑や社印以外でも櫛や包丁の柄などに利用されることがあるそうです。

印材としては、もちろんその硬さと、朱肉の粘りや伸びのよさ、また動物系の材料の中では比較的値段が安い事も人気のある理由とされています。

ただし、乾燥に比較的弱いという面があり、オリーブオイルや椿油などをこまめに塗って保管しておくなど、印鑑や社印としての硬さを維持するためのケアが必要となります。

こちらは朱肉のつきやすさ、印影のつきの良さなどから、会社の銀行印、個人の方の銀行届出印などに利用するとよいと思われます。

では、会社や家庭で一番大事な実印はどんな印材がよいか?ということになりますが。
私としては象牙、と言いたいところですが、一社に一本、各ご家庭に一本、必要となる印鑑としては値段的に少し敷居が高い印象があります。

そこで、最近注目されているのがチタンの印鑑です。
実印というのは印鑑登録証などに使う印鑑ですから、欠けやひびが入ると、もう一度登録し直さなければならなくなり、朱肉のつきの良さよりも、耐久性の方に若干重きが置かれる印鑑です。

チタンは航空機や潜水艦、車やバイクなどにも使われる金属で、耐久性と耐熱性に優れた金属です。
また値段についても、一般人でもかろうじて手が届く範囲内のものが多く、やはり実印として今一番身近なのは、このチタンの印鑑といえそうです。

〔お役立ちWEBサイトご紹介〕

高級印材の象牙や黒水牛印鑑、個人印・会社印セットは、比較をしてからの購入をおすすめします。

印鑑の比較サイト《印鑑ネット》では、低価格で確かな品質の印鑑を、お客様の使用用途別にご紹介しております。
あなたの印鑑購入に是非お役立てください。

日本最古の印鑑
http://www.zoeland.net/

防犯性の高い印鑑
http://www.icysplash.com/

助成金考察サイト | 企業の助成金についての解説ページです。
http://www.hp-mlk.org/

ページの先頭へ